52-53後バナー

ZSTルール(規定概要)

― 規約 ―

出場する全選手及びそのセコンドは、ZSTオフィシャルルールを厳守し、試合に関する全てをレフェリー・ドクター・主催者らによる指示・命令・裁定に対し、服従するものとする。

試合形式

1. 試合は、一辺が6m~8m程度のリング上で行うものとする。
2. 試合は、規定5分×2R もしくは 5分×3R1本勝負とする。(インターバル90秒)
3. 打撃技・投げ技によるノックアウト(KO)、また関節技・絞め技等による、タップアウト(TO)、などで勝敗が決められるものとする。
4. 時間内に決着がつかない場合は、判定を行わず、両者引き分けとする。選手双方が、同時にダウン(Wダウン)し、共に立ち上がれなかった場合もドローとする。(トーナメントを除く)

体重別階級

規定階級(※個別で契約体重を設ける場合あり)
A. ライトフライ級 ⇒ 52.2kg以下、下限無し
B. フライ級 ⇒ 52.3kg以上54.4kg以下
C. スーパーフライ級 ⇒ 54.5kg以上56.7kg以下
D. バンタム級 ⇒ 56.8kg以上61.2kg以下
E. フェザー級 ⇒ 61.3kg以上65.8kg以下
F. ライト級 ⇒ 65.9kg以上70.3kg以下
G. ウェルター級 ⇒ 70.4kg以上77.1kg以下
H. ミドル級 ⇒ 77.2kg以上83.9kg以下
I. ライトヘビー級 ⇒ 84.0kg以上93.0kg以下
J. ヘビー級 ⇒ 93.1kg以上120.2kg以下
K. アブソリュート級 ⇒ 体重制限無し

計量違反におけるイエロー・レッドカードの提示

■計量違反におけるイエロー・レッドカードの提示
① 0.1kg以上 ~ 0.5kg未満 イエローカード 1枚提示
② 0.5kg以上 ~ 1.0kg未満 イエローカード 2枚提示
③ 1.0kg以上 ~ レッドカード (失格)

コスチューム

■試合における有効着衣
1. アマレス用吊りパンツ
2. ショート・セミ・ロングパンツ及びタイツ
3. ムエタイ・ボクシング等のトランクス
4. 空手・拳法・柔道・柔術・サンボ等、伝統的格闘技の道着の上・下
5. 全身が完全にフィットした薄手のウェットスーツ生地(ラッシュガード)等
6. 上記以外にも、試合に支障をきたさない範囲であれば、主催者の許可を得たものは可とする。
7. ランニング・Tシャツ、プラスティック、金属、またずれ落ちやすく破れやすい素材や安全性に欠ける材質等を使用した物の着用は禁止とする。
8. 試合前、入場する際のコスチュームは自由とする。

■競技防具
1. マウスピース・ファウルカップの着用は義務とする。
2. オープンフィンガーグローブは主催者の指定した物のみ着用を許可し、その使用は自由とする。
3. ラウンドインターバル中であれば、レフェリーの許可のもと、オープンフィンガーグローブ等の脱着を自由とする。(試合中は不可)
4. シューズの着用は自由とする。(ソールが硬質でないレスリング・サンボシューズのみ)
5. ニーパッド(貴金属類があるもの、マジックテープ・ラバーバンド等のタイプは不可)、レガース(円筒状のタイプでつま先まで覆う物のみ可、マジックテープ・ラバーバンド等のタイプは不可)の着用は自由とする。
6. シューズ・ニーパッド、レガース等を使用する場合、事前に主催者、及びレフェリーの許可を得なければならず、防具に硬質の詰め物を施す細工や、隠ぺい等の行為は一切禁止とする。

セコンド

1. セコンド規定人員は2名までとし、事前申請を済ませ、主催者の許可を得ている者のみとし、それ以外の者をバックステージエリアに入れてはならない。
2. 試合中に立ち上がる、また指定された場所から離れ、選手・リングロープ等に触れる行為は、レフェリーが特別に許可をした場合以外、一切禁止とする。(ニュートラルコーナーで、選手がドクターチェックを受けている間も同様)
3. 棄権時の意思表示に備え、白いタオルを持参し試合に臨むものとする。
4. インターバル中、リング内に入れるセコンドは1名のみとする。競技者に水分を与えることは出来るが、リング状を濡らすことは禁止とする。(※リング上を濡らした場合は、試合再開までにセコンドが拭き取らなくてはならない)
5. レフェリー・ドクター、または、主催者による、あらゆる指示・命令に従うものとする。
6. 相手陣営・レフェリー・関係者・観客等に対し、あらゆる暴言・侮辱行為をしてはならないものとする。
7. 違反を犯し、レフェリー・ドクター、または、主催者より退場の指示をうけたセコンドは、速やかにリングサイドを離れ、控え室に戻らなければならないものとする。
8. セコンドによるルール違反、悪質なマナー違反は、選手の反則行為と同様とし、レフェリー・ドクター、または、主催者より厳しくイエローカードの対象とする。

勝敗の決定

1. タップアウト・TO(叫び声を上げた場合を含む)
2. ノックアウト・KO(レフェリーの判断による)
3. テクニカルノックアウト・TKO
 A. レフェリーストップ
 B. ドクターストップ
 C. 棄権(セコンドのタオル投入)
 D. 試合放棄(戦意喪失等による)
4. ファウル(反則:イエローカード3枚、またはレッドカード1枚)による失格
5. 判定(トーナメントのみ)
6. 引き分け(Wノックアウト)
7. 不戦勝
8. ノーコンテスト・無効試合
(偶然のバッティング、またそれ以外の事情により、試合続行が不可能になった場合、レフェリー・ドクター・ジャッジ・主催者らの判断により決められる)

ポジションの定義

■スタートポジション
試合スタート時は必ず自らのコーナーに下がり、またブレイク等による再開時はリング中央にて、いずれもスタンドポジションでファイティングポーズをとり、レフェリーの指示・合図により、試合を開始・再開させるものとする。

■スタンドポジション
1. 両選手の両足底部がマットに接地した状態をスタンドポジションとする。
2. 素手による顔面部、頭部への攻撃は拳(パンチ)を禁止とし、掌(チョップ・掌底)のみを有効とする。
3. グローブ装着部でのあらゆる攻撃を有効とする。
4. ヒジによる打撃技は全て禁止。
5. 組み技によるあらゆる攻撃を有効とする。

■グラウンドポジション
1. 両選手の両足底部以外の身体部位が、マットに接地した状態をグラウンドポジションとする。
2. 頭部へのあらゆる打撃行為は禁止、それ以外は、スタンドポジション時と同様とする。
3. 組み技によるあらゆる攻撃を有効とする。

■ミックスポジション
1. 一方の選手がスタンドポジション、もう一方の選手がグラウンドポジションの状態をミックスポジションとする。
2. ミックスポジション時における有効・禁止行為は、双方グラウンドポジション時と同等とする。

ブレイクの定義

1. スタンド・グラウンドポジションに関わらず、技の攻防が見られないと判断された場合。
2. 技の攻防が見られた場合でも、互いに極めきれず、同じような状況が続いた場合。
3. 反則行為、またはアクシデント等により、ドクターチェックが必要と判断された場合。
4. ミックスポジション時に、スタンドポジションの選手が攻防に付き合わず、動作を行わなかった場合。
5. 上記以外のケースを含め、全てレフェリーの判断によりブレイクは、行われるものとする。
(※ブレイク後は、速やかにリング中央にてスタンドポジションからの再開とする)

ドントムーブの定義

1. 試合の攻防が、ロープ際・コーナー際で行われ、進行上支障があると判断された場合。(ポジションをキープしたまま場所を移動し、レフェリーの指示に従い、速やかに試合が再開されるものとする)
2. 反則行為、またはアクシデントにより、ドクターチェックが必要であると判断された場合。(ドクターチェック等を行った後、必要に応じ、元のポジションに戻し、試合が再開させるものとする)
3. 選手のコスチュームが著しく乱れ、試合に支障をきたすと判断された場合。(ポジションをキープしたまま、レフェリーの指示に従い、速やかに試合が再開させるものとする)
4. 上記以外のケースを含め、全てレフェリーの判断によりドントムーブは、行われるものとする。     

試合進行

1. ゴングにより、試合(ラウンド)開始、終了が告げられるものとする。
2. 試合は、各自コーナーに下がり、レフェリーによる「ファイト!」のコールと共に開始され、「フィニッシュ!」または「ゴング!」のコールと共に終了されるものとする。
3. レフェリーの「ストップ、ブレイク!」のコールにより、選手は攻撃動作を速やかに止め、スタンドポジションから、試合を再開しなければならないものとする。
4. レフェリーの「ストップ、ドントムーブ!」のコールにより、選手は攻撃動作を速やかに止め、レフェリーの指示に従わなければならないものとする。
5. レフェリーの「タイムストップ!」のコールにより、試合が一時中断された場合、原則として、選手は速やかにニュートラルコーナーで待機しなければならないものとする。(試合タイムは一時、凍結されるものとする)
6. 試合中、レフェリーによる「アクション!」「ゴートゥーフィニッシュ!」のコールがあった場合、選手はKO・一本を積極的に狙いに行かなければならないものとする。
7. 試合開始前、または試合中、レフェリーによる「ステイコーナー!」のコールがあった場合、指定されたコーナーに速やかに下がり待機しなければならないものとする。
8. 試合中、反則行為があった場合、レフェリーの「ストップ、ファウル!」のコールと共に、試合が一時中断されるものとする。
9. ドクターによるチェックが必要とされる場合は、必ずニュートラルコーナーにて行い、試合続行が可能か否かの裁定を待たなければならないものとする。(チェックを受けている間は、相手選手も反対側ニュートラルコーナーで同様に待機しなければならないものとする)
10. 試合中、アクシデントまたはファウルにより、ダメージを負った選手は最大3分間のインターバル(回復休憩時間)が与えられるものとする。それでも尚、回復が不可能であるとドクターが判断した場合は試合を終了、また主催者の権限において当日の試合順、または日程を変更し再開する場合があるものとする。
11. 選手双方が、打撃技・投げ技等により同時にダウン(Wノックダウン)した場合は、ルール上唯一、ダウンカウント(10カウント)が数えられ、ラウンドが終了しても、カウントを続行するものとする。
※試合タイムは、「タイムストップ!」のコール以外、全てランニングとする。

反則(ファウル)規定

■罰則
1. 1度目の反則で注意(1枚目のイエローカード提示)、2度目の反則で警告(2枚目のイエローカード提示)、3度目の反則で失格(レッドカードの提示)を原則とする。
2. 悪質、かつ相手選手のダメージが著しく大きい場合などは、1度目、2度目の反則で失格(レッドカードの提示)となる場合があるものとする。
3. 明らかに故意ではなく、また相手選手のダメージが無い場合に限り、レフェリーによる口頭注意として処理される場合があるものとする。
4. 上記内容は、全てレフェリーの自由裁量、また主催者の判断等により裁定が下されるものとする。

■罰則金 (計量違反おける減額分は、別途規定による)
① イエローカード1枚(注意) 支払い総額から20%減額
② イエローカード2枚(警告) 支払い総額から50%減額
③ レッドカード(失格) 支払い総額から100%減額
(※計量違反と、反則行為による罰則金は、合算されるものとする)

■反則事項
1. あらゆる消極的戦い。
 A) “手の探り合い”を続ける。
 B) “お見合い状態”を続ける。
 C) 相手の攻撃を待つばかりで、カウンター狙いに固執し自ら積極的に攻めない。
 D) “亀になる”行為を繰り返す。
 E) あらゆる膠着行為。
 F) KOまたは、極めに行こうとしない。
 G) レフェリーの「ファイト!」「アクション!」「ゴートゥーフィニッシュ!」の声を無視し、積極的に攻撃をしない。
2. 膠着を誘発させると判断される行為。
 A) クリンチ・ホールディング。(スタンド・グラウンドポジションに関わらず)
 B) クローズド(クロス)ガード。(攻撃時を除く)
 C) 相手選手の片足をロックする行為。(攻撃時を除く)
 D) 技のかけ逃げ。(パンチを打つものの、直ぐにクリンチをする等の行為)
 E) 常に、両腕をクロスさせたりなどして胸に密着させたり、両手をクラッチし続ける行為。
3. 目に対するあらゆる攻撃。(サミング等)
4. 鼻腔・耳腔・口腔・肛門の粘膜部位に指を入れる・引っ掛ける・引っ張る行為。
5. 咽喉への鷲掴みやあらゆる打撃攻撃と頚動脈への指先による圧迫行為。
6. 唾を吐く・噛み付く・つまむ・つねる・引っかく行為。
7. 金的部位へのあらゆる攻撃。
8. 頭髪・髭・陰毛・脇毛等の体毛を掴み引っ張る行為。
9. 後頭部・延髄・背髄へのあらゆる打撃行為。(正面・側面からの回し蹴り等による後頭部への打撃攻撃は除く)
10. 手足の指3本以下を掴む指関節行為。
11. あらゆる頭突き(ヘッドバット)攻撃。
12. 顔面部・頭部への指による突き及び貫手による打撃。
13. スタンドポジションでグローブ未着用時の素手によるこぶしでの顔面・頭部への打撃。
14. あらゆるヒジによる打撃。
15. グラウンドポジションでの顔面・頭部への打撃。
16. リングロープ・コーナーパッド・マット外側部を掴む・引っ掛ける、または乗りながら行う攻撃・防御等。
17. 相手選手を、リング外へ突き落とす・押し出す・投げる等の行為。
18. 自ら故意にリングロープ・コーナーパッド外側部及びリング外(場外)に出る、また逃げる等の行為。
19. レフェリーによる「ストップ!」「ブレイク!」「ドンドムーブ!」等のコールを無視し、相手選手への攻撃を中止しない行為。
20. 相手選手及び自己の防具(グローブ等)を引っ掛ける・掴む利用行為。
21. 相手選手及び自己の着衣(スパッツ・トランクス等)を引っ掛ける・掴む利用行為。(伝統的格闘技の道着及び帯・相撲のまわしを除く)
22. 道着の帯そのものによる関節・絞め技等における利用行為。
23. スタンドポジションで攻撃を受けていない(ノーコンタクト)状態にも関わらず、自ら故意に倒れグラウンドポジションの体勢をとる行為。
24. 身体にワセリン・グリース等の油脂類(足底部への滑り止め用松脂等)を塗布する行為。
25. 明らかに消極的な戦いを行った場合。(過度な膠着も含む)
26. 試合中、選手・セコンドがレフェリー・ジャッジ・ドクター・主催者の指示・命令に対し、無視及び抗議・暴言・屈辱的な行為を行った場合。
27. 試合中、レフェリーの許可を得ずに、セコンドが立ち上がる、リング内に入る(上がる)、規定のエリアから離れる、また選手・ロープ・コーナーパッドに接触する等の行為を行った場合。
28. 双方、あるいは一方の選手が作り試合(八百長)を行った場合、また両選手が互いに戦意を示さず、馴れ合い的な試合を行った場合。
29. 規定体重を守ることができなかった場合。

■規制事項
1. 金的・目・喉仏・後頭部・延髄・脊髄等、規定身体反則部位へのピンポイント的な打撃は禁止とするが、それ以外の身体部位(痛点も含む)への打撃は有効とする。
2. 喉仏への攻撃で絞め技及び両拳・前腕部等で圧迫する行為は有効とする。
3. 絞め技で顔面部を絞める際は、目の部位のみ禁止としそれ以外の鼻・口・耳等の部位を絞める行為は有効とする。
4. 前腕部・肘・膝・頭部等の部位で顔面部(目の部位以外)を圧迫する行為は有効とする。
5. 側頭部(耳の周辺部位)への打撃は有効とする。
6. 掌及び体幹部で、口・鼻を覆い窒息させる行為は有効とする。
7. リングロープの反動を利用する打撃・防御・投げ・当て身技等は有効とする。
8. 相手及び自己の防具・着衣を掴み・引っ掛ける等の利用は禁止とするが、伝統的格闘技の道着・相撲のまわしに限り、相手及び自己の着衣を掴み・引っ掛ける等の絞め・関節・投げ技等の行為は有効とする。
9. 道着の帯による絞め・関節技等の利用は禁止とする。
10. 上腕・前腕部等で、相手の顔面部・頭部・頸部(喉仏を含む胸鎮乳突部)への当て身技(ラリアット等)の攻撃は有効とする。
11. ミックスポジション時、体幹部等へのボディ・ヒッププレス等の浴せ技の攻撃は有効とする。

TOP_55poster-0

ZST.55 Trailer#1

© 2015.zst.jp All Rights Reserved.