11月25日(土)東京・ディファ有明にて「ZST.58 / SWAT! 162-15周年記念大会-」開催!

【選手インタビュー】打撃でのしあがる(川端祐樹/NEO JUDO ACADEMY)
2017/07/06

motizuki-int-header

2017年7月9日(日)、GENスポーツパレスにて開催される「SWAT!160」。そのメインイベント、川端 祐樹(NEO JUDO ACADEMY)vs 望月 卓弥(SUBMIT MMA)の両選手にインタビュー!ズバリ、本戦昇格を掛けた1戦に挑むそれぞれの声をお届けします!

今回はSWAT!でバチバチの激闘を繰り広げてきた川端祐樹選手の登場!

―― 川端選手といえば打撃のイメージが強いですが、もともとは打撃から格闘技を?
川端  はい。もともと格闘技が好きで大学時代にボクシングを始めて。それで町田にドラゴン道場ができたのでキックを始めてアマチュアの試合にも出ました。就職して一時は格闘技から離れていたのですが、27歳の時にmove で格闘技を再開しました。
―― そこから総合を始めたのですね?
川端  はい。プレステージに出てSWATにという流れです。
―― 途中で所属がNEO JUDO ACADEMY に変わっていますね?
川端 もともと色んなところに出稽古に行くタイプだったんですが、小見川さんが道場を出す前にやっていたセミナーに行ったことがきっかけです。小見川道場ができたあとも出稽古に行かせてもらっていて、いろいろあったのですが練習環境を変えたくて小見川さんに相談したところ「うちに来い」ということになりました。
―― なるほど。ありがちなジムとの揉め事というわけではないのですね。
川端 はい。Moveの中村代表にはとても良くしてもらっていて辞める時もワガママを聞いてくれましたし、今でも会場などでは挨拶をさせてもらっています。

motizuki-int-header

―― それは安心しました。現在の練習環境は?
川端 営業の仕事をしているので不定期ですが今は試合も決まったので週5,6やっています。出稽古中心なのですが蒼天塾さんやU-SPIRITさん、前髪の上田さんの練習会などに行かせてもらっています。
―― では今回の試合への対策もばっちりですね?
川端  はい!相手は組みの選手なのでそのへんの対策もしつつ、自分の打撃を出せればと。打撃に関しても自分はいろんな引き出しを持っているので、相手の試合にさせずKOする自信はあります。
――  KOすれば本戦です。
川端  もちろんモノにしたいですね。そして今回はメインなので大会を盛り上げるためにもいい試合をした上で倒したいです。
――  その先に見据えるものは?
川端  ZSTはフライ級にいい選手が多いので、強い選手とやれるのが楽しみです。一人ひとり僕の打撃で倒していって、ベルトまで辿り着くのが目標です。
――  相手の望月選手は一カ月前に彼女ができて応援にも来てくれるそうですよ!

motizuki-int-header

川端  羨ましいですね・・・でも彼女には申し訳ないけど僕がKOするので看病お願いしますと伝えてください!
――  看病してくれる彼女だと良いのですが(笑)。川端選手も女性の方は?
川端  人一倍好きですね!
――  潔い(笑)。やはり色黒でマッチョなら女のコもたくさん寄ってきますよね?
川端  それが・・・先日も電車でいきなり手を繋がれたんですよ。
――  すごい!いわゆる逆ナン的なやつですか!?
川端  いえ、それが男の人だったんですよ(笑)
――  なるほど(笑)!それまた凄い話ですね!
川端  「いい体してますね。」って言い寄られてしまって、電車なので逃げることもできずで困りました・・・どうしようもなくて次の駅で違う車両に移動したんですが、最後に投げキッスされました(笑)でも海外に行った時も男の人に襲われそうになったこともあるし、なんなんですかね・・・
――  色黒マッチョの性なんですかね。
川端  いや、困りますね!女の子が大好きだと強調しておいてください!
――  了解です!それでは女の子が大好きな川端選手、最後に一言お願いします!
川端  絶対KOして本戦にあがります!そして本戦でも自分の打撃を武器にのし上がっていくので、上位陣の皆さんは覚悟しておいてください!
本戦を掛けた試合でも色黒マッチョの打撃が猛威を振るうか!?男性も女性も、会場で思いきり応援しましょう!

下記リンクにて、大会概要をご覧いただけます。
【SWAT!160大会概要】

ZST.56 Trailer

© 2015.zst.jp All Rights Reserved.