7月9日(日)「ZST PRE STAGE 83 / SWAT! 160」開催!

火花バチバチ!ZST.45直前!戸井田&齊藤 vs. 牧野&太田インタビュー
2015/04/11

ついに明日に迫った「ZST.45」新宿FACE大会。第二代GTタッグ王者決定トーナメントにエントリーしている戸井田&齊藤、そして牧野&太田に話を聞いた。本大会は本日計量・記者会見が行われる。

~FIGHTING NETWORK ZST~ 「ZST.45」大会概要

第二代GTタッグ王者決定トーナメント一回戦 第2試合(15分一本勝負)
戸井田 カツヤ(和術慧舟會トイカツ道場)&齊藤 曜(和術慧舟會トイカツ道場)
vs.
牧野 仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト)&太田 裕之(OFC)
チーム首狩一族
戸井田カツヤKatsuya Toida
プロフィールはコチラ ▶︎

Q.今回の対戦チームの印象は?

A.ナメてるわけじゃないけど、牧野選手はシングルでやるぶんには警戒するところはないんでね。まあ、タッグになったときにどういう動きするのかな、と。あと、あのキャラでいくなら、もっとトークも勉強したほうがいいんじゃないかな(笑)。初対戦になる太田選手のことは警戒してますよ。GT-Fトーナメントでも、自分より一つ上の階級で優勝してるしね。二人共、オレを楽しませてほしいですよ。

Q.今回のタッグパートナーについては?

A.曜は俺が去年、一番抱き合った男なんでね(笑)。ずっと、一緒に練習やってるし、チームワークは問題ないと思います。怖いのは先発がアイツだった場合に、空気を読まずに一本取っちゃうんじゃないかな、と。まあ、勝負なんでそれでも構わないんですけど、オレ目当てで来たお客さんに対してちょっと……っていうね(苦笑)。

Q.どんな試合をお客さんに見せたいですか?

A 一般的に総合よりもグラップリングは退屈だって思われてるかもしれないけど、戸井田だけは違うぞっていうのを見せたいですね。この歳でベルトを巡る戦いに絡むのもうれしいけど、それ以上に反対側のブロックから先輩の“あの人”が上がってきたらもっとうれしいかな。 昔は一緒に練習していて、もう何年もやってないから、昔の恋人に会うみたいな感じっていうか(笑)。そういう意味で、このトーナメントはお客さん以上に自分が楽しみにしてますよ。

Q.今回の対戦チームの印象は?

A.牧野選手はちょっと言いかた悪いですけど、ズングリムックリで手足が短い体型なので極めにくいのかな……と。あ、ズングリムックリじゃなく、筋肉モリモリのほうがいいですかね?(苦笑)。え、アイアム・イケメンについてですか? いやあ、まあ……そのとおりだと思います(笑)。太田選手はあんまり試合を観たことなくて、ネットの動画を調べたんですけど、遠目からの映像なのでよくわからなかったです(苦笑)。でも、結果も残してますし、最近だと竹内稔選手にも勝っているので強い選手なんだろうな、と。

Q.今回のタッグパートナーについては?

A.ボクが総合で結果を残せず、ちょっとグラップリングで腕を磨こうかなと思ってたタイミングで、戸井田さんから今回の話をいただきまして。戸井田さんとは週3回くらい一緒に練習してるんですけど、セオリーどおりじゃない、戸井田さんならではの技術を持ったかたなので尊敬してます。

Q.どんな試合をお客さんに見せたいですか?

A.出場選手は強いかたばかりですけど、ギロチンでみんなの首を狩りたいなと思ってるので、そこに期待していただければ。とくに宇野さんとは10年くらい前に何回かスパーをやらせていただいて、そのときは子ども扱いみたいな感じだったので、自分がどのくらい強くなったのか見せられるといいですよね。そのためにも、まずは1回戦でしっかり勝ちたいな、と。ベルトも巻いたことないのでほしいですけど、それ以上に総合に復帰するにあたって、グラップリングで名前を上げるような試合をしたいと思います。

ミスター・イケメン
牧野仁史Yusuki Uehara
プロフィールはコチラ ▶︎

Q.今回の対戦チームの印象は?

A.いやあ、ひさびさにムカついてますね! 記者会見の時点で戸井田選手は相変わらずというか、宇野選手たちに興味あるんだろうけど、ボクらをナメてる感じが伝わってきたんで。でも、トイカツはファイターとしてズル賢いとは思いますが、ボクも進化しているので怖さは何も感じないですね。彼の技はボクに極まらないでしょうし、逆にボクが足関を炸裂させると思います。齊藤選手の試合は何度か見てますけど、結構手堅いタイプなのかな、と。ギロチン極めると何か叫ぶみたいですけど、この試合でその姿が見られることはないです!

Q.今回のタッグパートナーについては?

A.太田さんとはもう10年位の付き合いで、チームワークもよすぎるくらいというか。ボクの経験からすると、タッグマッチってシングルの感覚で戦うとかなりバテるし、一人一人が強けりゃ勝てるってもんでもないんですよ。その点では企業秘密というか、太田さんとはタッグ用の練習をしているので、どのチームよりも濃い練習ができてると思います。

Q.どんな試合をお客さんに見せたいですか?

A.憎たらしい相手に対して、ZSTを守るボクたちっていう図式は、初めて観るお客さんにも伝わりやすいと思うんですよね。さらに「“イケメン”が絡む試合はおもしろい」って思ってもらえるような試合ができれば。いや、ホント、トイカツの思惑通りにはしたくないというか、“慧舟會祭り”にされるのだけは何としても防ぎますよ! 本戦でずっとグラップリングマッチをやってきた身として、「ここはZSTなんだ!」っていうものを示せれば、自然とベルトもついてくると思います。

太田裕之Yusuki Uehara
プロフィールはコチラ ▶︎

Q.今回の対戦チームの印象は?

A.トイカツさんはペース配分がうまいと思いますね。ノラリクラリとしながら、勝負どころではパパッと仕掛けるというか。齋藤選手はテイクダウンの技術や、あとはやっぱりギロチンに気をつけたいですね。トイカツさんとは同じトーナメントに出ても、直接当たったことはないので、初めて戦うという意味でも楽しみですね。

Q.今回のタッグパートナーについては?

A. 牧野選手とは2.22『ZST.44』で直接対戦してお互いの力を確かめ合ったというか(2R3分58秒、ヒールホールドで牧野の勝利)、今回はあちらから声を掛けていただきました。もともと牧野選手は練習仲間ですし、今回のトーナメントに向けた練習もしたので、チームとしては万全だと思います。牧野選手は足関が強いですし、ディフェンス能力も高いのでベストパートナーだと思います。牧野選手はああ見えて凄くまじめなかたで(笑)、年上の自分を凄く立ててくれるナイスガイだと思います。

Q.どんな試合をお客さんに見せたいですか?

A.ZSTのグラップリングが一番凄いんだぞっていうところを見せて、あのベルトを牧野選手と掴みとりたいです。対抗ブロックも凄いメンバーですが、とくに伊藤選手は伸び盛りで体力が一番あるんじゃないかな、と。とにかく1回戦を突破して、決勝もどちらのチームが来てもいいように準備したいと思います。

ZST.56 Trailer

© 2015.zst.jp All Rights Reserved.